Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hosoreco.blog4.fc2.com/tb.php/58-4a6b8fc4

トラックバック

コメント

[C11] そこいらは俺も……

勉強不足なのですが……
「武運長久」のように安東氏サイドがこんにゃろ~(怒)っていう場面と
羽黒サイドが~酒田港に襲来し滅亡せんと秋田が企んでる~らしいからやられる前に攻めちまえってきたパターンにも分けられるみたいです

ちなみにながすえさんは涌本五郎ながすえという名前もお持ちとか。

ちかだかさねかは別にして、昭和年間の曳山や、子供だと秋田城之介と札に記すことが多くないですか?しかし信長や秀吉らほど文献等には残されていませんし、昔のことなので……

長々すみませんでした
  • 2010-11-05 18:26
  • 夫婦岩
  • URL
  • 編集

[C10] コメント10になりました

そうですね、確かにザルの上は時空を越える場所ってことで。

やはり曳山の場面を作るのに象徴的な人がいないと華がないというか、パッとしないですもんね。

それにしてもここ数日すっかり冬でまいりますね。
ワタクシもやはり暑いほうが好きです。
  • 2010-10-28 13:27
  • 42(管理者)
  • URL
  • 編集

[C9] そうなんです

俺の機種では限界が……って感じなんです このままではこの記事のコメント数がぁ(笑)

さて寒い、寒すぎる!!夏男な俺にはちょっと酷すぎる…

確かに織田や徳川が背後に、ってのには疑問ですが、曳山のざる上ではアリでしょう!!川中島、巌流島の一騎討ちくらいなら本当に忠実にできますが、まぁいつものごとく当時を知る人はもうこの世にいないわけで、各町内の作品なのですから、構わないですよ
  • 2010-10-26 19:45
  • 夫婦岩
  • URL
  • 編集

[C8] ついつい

そのように感じてもらえば幸いです。
つい熱くなりすぎちゃって。
毎々くどすぎるかな?とも思っていたので。

そいえば、あちらのブログもワタクシの携帯からはコメント書けたのですが、
やはり昨今、いろいろ機種や機能で違いがあるんですね。
  • 2010-10-26 17:46
  • 42(管理者)
  • URL
  • 編集

[C7] 毎度申し訳ありません

PC使えばいいんでしょうけど、色々あるためご了承下さいませ(笑)

義仲様、大好きさが伝わってきます!!好きな武将について熱く語りたくなる気持ち、非常にわかります

そして、全国に曳山が知られていくことや倶利伽羅峠の方が木曾義仲の場面を見たってことに、なんだか感動しております秋の夜長でした(笑)
  • 2010-10-25 22:45
  • 夫婦岩
  • URL
  • 編集

[C6] 白犬は人気者ですね

そうですね。深い。

曳山ゝみんなが煌びやかだったら、派手なだけの祭りになっちゃうし・・・
シンプルななかで、輝くもの。
煌びやかななかでの、シンプルなもの。

シンプルでも侘び寂びがあって素敵な曳山もありますからね。
日本の祭の素敵さがそこにあるような気もします。
  • 2010-10-23 17:26
  • 42(管理者)
  • URL
  • 編集

[C5]

最近めっきり寒くなりましたね…こんな時期だからこそ回顧超楽しく拝見してます♪♪

白犬(カイくん?笑)、同じアングルでスナップに収めましたよ~やっぱ気になるんですよね わかります

すべての曳山が趣向を凝らして珍しい場面…じゃないんです シンプルな合戦の中にそういう場面ってのが楽しいと思います 人間の下と同じく、甘いのもしょっぱいのもって感覚なんです 個人的な欲張りですみませ~ん

そんなこと考えながらミニ曳山作るのも楽しいですし
  • 2010-10-22 17:49
  • 夫婦岩
  • URL
  • 編集

[C4] まさに「好きこそ物の上手なれ」

いえいえ、まったく人気の無いブログでしたから、
「初」のコメント、しかも祭り好きの方だったというのは嬉しい限りですよ。

なにより祭りに対する知識に愛情が感じられますし。

曳山の場面ってホント勉強になりますね。
ワタクシ、多分倍くらいの年齢だと思いますが、日々精進の気持ちです。
  • 2010-10-22 12:19
  • 42(管理者)
  • URL
  • 編集

[C3] 初、ですか?

貴重な初コメだとは知らず
こんな冴えない山車馬鹿で申し訳無いです(笑)

10代真っ盛り!!(笑)先日は博学だなんてお世辞でも嬉しきお言葉ありがとうございました…山車好きが高じて、場面に関することは興味をもてば勉強します
  • 2010-10-21 16:12
  • 夫婦岩
  • URL
  • 編集

[C2] 気がつきました

何気にここのBLOG初のコメントとなりました。
ありがたい。

で、あっちは携帯からコメントできませんでしたか?
まったく考えてもみなかった。
今度確認しておきます。

さておき、貴重な情報ありがとうございます。
あっちのブログ「愛宕町」さんの回ときに情報として役立たせていただきますね。
あ、沖田くんも確認しておかねば。
  • 2010-10-21 14:14
  • 42(自称駅長=管理人)
  • URL
  • 編集

[C1]

下酒田町さんのブログにケータイからコメントできませんでしたのでこちらにしましたが気づいてもらえるかな??

管理人さん愛しの彼は愛宕町の赤備えの彼でした!!俺の曳山集の写真がローアングルで冑の中のお顔がバッチリ 個人的には2004年沖田総司の彼がキュン(笑)ときます
  • 2010-10-19 20:54
  • 夫婦岩
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

全国山鉾屋台保存連合会秋田市土崎大会回顧

青年会1

気がつけば「全国山鉾屋台保存連合会秋田市土崎大会」が終わってから
10日も過ぎてしまいました。

なかなか時間が作れず、更新できませんでしたが、
ようやくファイル整理なんかにも取り掛かれてきまして。

まずは当日「祭の駅」にお越しいただいた皆様、
ご協力頂きました皆様、
このブログへお越しいただいた皆様、ありがとうございました。

配布させていただきました
「曳山まつりMAP」も噂では好評だったとのことですが、
いかがでしたでしょうか?

また顔出しパネルや運行地図もたくさんのかたに
接していただき、可愛がっていただけまして、嬉しい次第です。


当日は夕方から雨が降り、
御幸曳山の頃には物凄い雨量で・・・生憎の天気ではありましたが、
100%!だなんて、あの心無い前日の天気予報を考えたら、
あそこまで天気がもってくれたのも、奇跡。まさに神のご加護だったような。
皆様の念が天に届いたということでしょうよ。
ありがたい。

まずは、今後とも未来永劫、曳山まつりが続いていきますよう、
土崎の町に幸多いことを願いつつ、

私たち元町商店会及び当ブログをご愛顧のほどお願い申し上げます。


さて、上記のとおり、ようやく当日の画像、動画をまとめましたので、
過去記事、各町内情報に当日の曳山写真、動画を追加しました。

新しい記事で書いていないので、更新されていないように思われがちですが、
密かに、なので、お時間あって、気が向かれましたら、
のぞいてみてください。


過去記事の「各町内」情報をご覧下さい。
(9月12日前後にアップしている記事です)


で、せっかくなんで、とりあえずは、下にも1個だけ、
動画を。

その他の動画は以下のサイトでもご覧いただけます。
http://www.youtube.com/user/hoso42163


また、以下のブログにこちらより多めに画像、動画がアップされる予定だそうです。
予定と言うくらいで、22日現在まだアップしていませんが。

お暇でしたら、そちらもぜひ、のぞいてみてください。
下酒田町ブログ
ちなみに、ここのブログは携帯電話で動画をご覧いただくことができないようです。
すみません。

上記下酒田町ブログでは携帯でもご覧いただけますが、

もしよろしければ、
メニューサイト(docomoではi Menu)の検索で、
「YouTube」(検索)→YouTube携帯サイトへ。
(docomoではその他の携帯サイトの1番目に出てくると思います)
※他社携帯では順番や方法が異なるかもしれません。

ページ上部にあります検索で
「hoso42163」(検索)してもらうと、
携帯でもワタクシがアップしている動画をご覧いただけるかと思います。

なお、携帯で動画を視聴する場合は
物凄いパケット代がかかると思われます。

パケット定額制などへの契約をお勧めしますとともに、
ご注意してご覧下さい。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hosoreco.blog4.fc2.com/tb.php/58-4a6b8fc4

トラックバック

コメント

[C11] そこいらは俺も……

勉強不足なのですが……
「武運長久」のように安東氏サイドがこんにゃろ~(怒)っていう場面と
羽黒サイドが~酒田港に襲来し滅亡せんと秋田が企んでる~らしいからやられる前に攻めちまえってきたパターンにも分けられるみたいです

ちなみにながすえさんは涌本五郎ながすえという名前もお持ちとか。

ちかだかさねかは別にして、昭和年間の曳山や、子供だと秋田城之介と札に記すことが多くないですか?しかし信長や秀吉らほど文献等には残されていませんし、昔のことなので……

長々すみませんでした
  • 2010-11-05 18:26
  • 夫婦岩
  • URL
  • 編集

[C10] コメント10になりました

そうですね、確かにザルの上は時空を越える場所ってことで。

やはり曳山の場面を作るのに象徴的な人がいないと華がないというか、パッとしないですもんね。

それにしてもここ数日すっかり冬でまいりますね。
ワタクシもやはり暑いほうが好きです。
  • 2010-10-28 13:27
  • 42(管理者)
  • URL
  • 編集

[C9] そうなんです

俺の機種では限界が……って感じなんです このままではこの記事のコメント数がぁ(笑)

さて寒い、寒すぎる!!夏男な俺にはちょっと酷すぎる…

確かに織田や徳川が背後に、ってのには疑問ですが、曳山のざる上ではアリでしょう!!川中島、巌流島の一騎討ちくらいなら本当に忠実にできますが、まぁいつものごとく当時を知る人はもうこの世にいないわけで、各町内の作品なのですから、構わないですよ
  • 2010-10-26 19:45
  • 夫婦岩
  • URL
  • 編集

[C8] ついつい

そのように感じてもらえば幸いです。
つい熱くなりすぎちゃって。
毎々くどすぎるかな?とも思っていたので。

そいえば、あちらのブログもワタクシの携帯からはコメント書けたのですが、
やはり昨今、いろいろ機種や機能で違いがあるんですね。
  • 2010-10-26 17:46
  • 42(管理者)
  • URL
  • 編集

[C7] 毎度申し訳ありません

PC使えばいいんでしょうけど、色々あるためご了承下さいませ(笑)

義仲様、大好きさが伝わってきます!!好きな武将について熱く語りたくなる気持ち、非常にわかります

そして、全国に曳山が知られていくことや倶利伽羅峠の方が木曾義仲の場面を見たってことに、なんだか感動しております秋の夜長でした(笑)
  • 2010-10-25 22:45
  • 夫婦岩
  • URL
  • 編集

[C6] 白犬は人気者ですね

そうですね。深い。

曳山ゝみんなが煌びやかだったら、派手なだけの祭りになっちゃうし・・・
シンプルななかで、輝くもの。
煌びやかななかでの、シンプルなもの。

シンプルでも侘び寂びがあって素敵な曳山もありますからね。
日本の祭の素敵さがそこにあるような気もします。
  • 2010-10-23 17:26
  • 42(管理者)
  • URL
  • 編集

[C5]

最近めっきり寒くなりましたね…こんな時期だからこそ回顧超楽しく拝見してます♪♪

白犬(カイくん?笑)、同じアングルでスナップに収めましたよ~やっぱ気になるんですよね わかります

すべての曳山が趣向を凝らして珍しい場面…じゃないんです シンプルな合戦の中にそういう場面ってのが楽しいと思います 人間の下と同じく、甘いのもしょっぱいのもって感覚なんです 個人的な欲張りですみませ~ん

そんなこと考えながらミニ曳山作るのも楽しいですし
  • 2010-10-22 17:49
  • 夫婦岩
  • URL
  • 編集

[C4] まさに「好きこそ物の上手なれ」

いえいえ、まったく人気の無いブログでしたから、
「初」のコメント、しかも祭り好きの方だったというのは嬉しい限りですよ。

なにより祭りに対する知識に愛情が感じられますし。

曳山の場面ってホント勉強になりますね。
ワタクシ、多分倍くらいの年齢だと思いますが、日々精進の気持ちです。
  • 2010-10-22 12:19
  • 42(管理者)
  • URL
  • 編集

[C3] 初、ですか?

貴重な初コメだとは知らず
こんな冴えない山車馬鹿で申し訳無いです(笑)

10代真っ盛り!!(笑)先日は博学だなんてお世辞でも嬉しきお言葉ありがとうございました…山車好きが高じて、場面に関することは興味をもてば勉強します
  • 2010-10-21 16:12
  • 夫婦岩
  • URL
  • 編集

[C2] 気がつきました

何気にここのBLOG初のコメントとなりました。
ありがたい。

で、あっちは携帯からコメントできませんでしたか?
まったく考えてもみなかった。
今度確認しておきます。

さておき、貴重な情報ありがとうございます。
あっちのブログ「愛宕町」さんの回ときに情報として役立たせていただきますね。
あ、沖田くんも確認しておかねば。
  • 2010-10-21 14:14
  • 42(自称駅長=管理人)
  • URL
  • 編集

[C1]

下酒田町さんのブログにケータイからコメントできませんでしたのでこちらにしましたが気づいてもらえるかな??

管理人さん愛しの彼は愛宕町の赤備えの彼でした!!俺の曳山集の写真がローアングルで冑の中のお顔がバッチリ 個人的には2004年沖田総司の彼がキュン(笑)ときます
  • 2010-10-19 20:54
  • 夫婦岩
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

つぶやき駅長(自称)

  • Author:つぶやき駅長(自称)
  • 土崎港元町商店会・祭の駅
    自称駅長=ひょっとしたら
    ただの駅員(事務員)による
    ブログです。
    土崎港曳山まつりの情報を
    発信していきます。
    ★祭典当日の動画・情報は
    祭当日用ブログ
    発信しておりました。
    お時間ありましたらこちらも。





天気予報


-天気予報コム- -FC2-
秋田は無いんですね

ブログ内検索

QRコード

QRコード
QR
だそうです

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。